2009年08月01日

掃除機が寿命か

昨日、掃除機を使っていて
気が付くと部屋の中に
どこかの線が焼けているような匂いが
漂っていまして。。。

ちなみに何時買ったのかと見てみれば
2000年の12月。
修理も無理な年数経ってますし
耐用年数もそろそろか。

匂いの種類も
貰った全自動洗濯機が使っているうちに
煙を吹いてた時や
電気ストーブの電気コードから発火したときと同じなので
これ以上の使用はきっと危険。

明日掃除機買ってこなくちゃ、ですか。
posted by mipa at 16:17| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
どこかの線が焼けてるような臭い!!
恐いですね〜。。
うちでもそこまでではないのですが、今日大掃除してたら、ゴミが一杯になって紙バッグを変えたのに「紙バッグ満杯マーク」が表示されてて、終わりの始まりかな、って感じでした。。

家電はどんどん耐久年度が短くなる感じがしますね〜。
Posted by tomorin at 2009年08月02日 00:40
一生使えるものでもないから、と
弟のところは掃除機をレンタルしているそうで。
ウチもそうするかも。

とりあえずサクラヤは見て(笑)
Posted by mipa at 2009年08月02日 07:38
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。