2010年09月24日

ER]X

ERのファイナルシーズンが
10月7日からBSでスタートです。

15年、、、そうですか。

出会いはファーストシーズン年末の集中再放送でした。
最初は余りのスピードとハイテンションに
ど〜〜〜〜っと疲れていたものですが
慣れてしまうと日本の医療ドラマが
のんびりしていて、だれてしまう(笑)

懐かしいあの人もこの人もゲストで出演予定だそうで
楽しみです。
posted by mipa at 20:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外TVドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月01日

24Y

「ヤツが唯一の手がかりだ」
何回聞いたかこのセリフ。

また眠れぬ夜が始まる、、、って
録画したのを見ていますが(^^ゞ

去年は余裕が無くて最初と真ん中と最後という
飛ばし見で惜しいことをした第Xシーズンは
再放送で見れなかったところを見るつもりでいたものの
気が付いたときは始まっていて
そのまま見ることも無く。。。
24シリーズはその場の勢いっつーものが
肝要なのかも。

さて、初回からお馴染みのクロエがやってくれました!(笑)
「クビにして下さい」のいつものセリフもご健在。

ジャック・バウアーをそろそろ止めたいと発言したことが
伝わってきていてどうなるのかな、なんて思いつつ
話も時々ジャック・バウアー止めたい、な展開で
また引き込まれたりして。

個人的にはシーズンを追うごとに
状況は悪化するばかりで
いつでも止めていいよ、とか思いますけど
復活の仕方もジャック・バウアー。
ヒーローは大変だ。

ということで、今回も一回目からかなりの爆走。
お馴染みのゲスト出演さんも多数なので
なるたけ欠かさず見たいものですが
そろそろ仕事が始まるので
全部録画できるかどうか。。。

今時まだビデオテープに録画です。
今夜は別番組で放送無し。
たまには休みのほうが助かります。

「なんということだ。。。」の
大げさなお知らせ、
。。。笑かしてもらいました。
posted by mipa at 21:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外TVドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月05日

フランケンシュタイン

TVドラマ版を見ました。
出演者にルーク・ゴスの名前がありまして
「ブレイド2」で怪物を演じた経過から
もしかして又も?と思っていたら
やっぱり怪物を演じてました。

話はケネス・ブラナーがメアリー・シェリーの原作で監督した
「フランケンシュタイン」とほぼ一緒。
映画の方はバタバタと派手でしたけど
ドラマは一時間半づつの前後編ものなので
少しは落ち着いていますが、それでも人間の描写はいまいち。
ま、この作品は怪物が主役ですから怪物メインで。

で、怪物は数ある「フランケンシュタイン」のなかで
最も美しいかも〜。
なので、化け物呼ばわりされて愛されないのが余計に悲しい。
しかも、この人は動きが美しい。
かつて双子デュオグループ「ブロス」の片割れとして
活躍していただけのことわ〜、って
踊ってもいたのか?記憶が(爆)
posted by mipa at 22:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外TVドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月10日

マイアミのトリップ刑事

CSIネタです(笑)
どうもオジさんに目がいくタイプで
つい観察。

彼は腹が太いので背広の前を開けて仁王立ち、が
通常のスタイルなのですが
第二シーズンの辺りで腹がベルトの上に乗っかりだしまして。
これはいかんぞ〜、と気が付いたら
背広の前を開けなくなりました。
でも、それも数回。
開けるようになったときにはちゃんとベルトに納まっていたのだ。
偉い、パチパチ。<何のこっちゃ。

で、ついにゲイリー・シニーズが主任!のNYが地上波で始まります。
マイアミとのコラボエピソードの関係で
第二シーズンからですが。。。

まあNYは地味なんで
TV的には飛ばしても、ってことなんでしょうね。もうやだ〜(悲しい顔)
でも地上波放送があるのか?を心配していたくらいなので
ここはマイアミのおかげ、と感謝です。
posted by mipa at 07:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外TVドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月16日

LOST地上波

LOSTが地上波に降りて来ました〜。
アメリカのTVドラマの放映数が更に増えて嬉しい悲鳴です。

地上波放映で吹き替えの声にも慣れました。
先の展開を知ってて見るのも楽しい(笑)

そして、ソーヤーの出演シーンを集めて喜んでます(爆)
posted by mipa at 22:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外TVドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月13日

CSI:4

LOSTのソーヤーことジョシュ・ホロウェイが
第4シーズンの第一話に出演ということで
犯人?被害者?とドキドキしながら待っていたのですが
そのどちらでもない軽〜いチョイ役で
ちょいとガッカリ。
短い髪は新鮮だったけどね(笑)
posted by mipa at 19:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外TVドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月23日

CSI再び

地上波に第3シーズンがやって来ました♪
第一話にはLOSTでブーンを演じていた
イアン・サマーホルダーが出演していました。不覚。

ということで、他のLOSTメンバーがCSIに出演していないのかと
調べてみましたら
ソーヤーことジョシュ・ホロウェイが第4シーズンの第一話に出演。

。。。地上波放送ありますよね?(笑)
posted by mipa at 17:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外TVドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月17日

LOST

第一シーズンのDVDボックスを借りまして
見始めたら、加速度的にハマりはじめました(笑)
キャラクターと役割の担わせ方の振り分けが巧いし
それぞれの島に来るまでのエピソードもなかなかです。

タイプ的にはソーヤーが一番かな、でしたが
「手紙」のエピソードは秀逸でついにノックダウン。
まさにドラマ、です。

ソーヤーはドラマ「西部の女医ドクター・クイン」に出ていて
やはりお気に入りだったハンクに似ている、と思っていたのですが
「手紙」の次の回では往診に来ていたジャックのことを
「ドクター・クイン」と呼んでいて
もしかしてキャラの被りを意識している?と思い
勝手に嬉しくなってます(笑)

そうそう、吹き替えは声が余り気に入らないので
もっぱら字幕で見ています。
バックギャモンの白と黒を光と闇、と言っていたりして
英語の使い方も興味深いです。

ところで、ソーヤーを演じている役者さん、どっかで見た、と気になっていて
調べてみましたら、エアロスミスの「Cryin'」のPVに出てました〜。
裸でおっぽり出される彼です(笑)
posted by mipa at 16:55| Comment(2) | TrackBack(0) | 海外TVドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月14日

プリズン・ブレイク

「24」の視聴率を抜いたと話題のこのドラマも地上波放映始まりました。
IQ200の頭脳の持ち主って設定としてあり得ないからどうなの?と
少々懐疑的。
第一話は「24」と重なったこともあり第二話から見てみましたが
刑務所が舞台なだけに悪そうな顔の俳優さんのオン・パレードで
悪役好きのツボに(笑)

どうやら奇想天外にして綿密な脱走計画が練られているらしいのだが
そこは刑務所内、IQは高くても
人生経験不足気味な主人公が予測不能な事態も次々と起こるわけで
そこをどう掻い潜って目的を達成するかも見所か?

「24」の第四シーズンでも人の入れ替わりがけっこうありましたが
これもそうらしいです。
キャラクターへの愛着なしで連続ドラマを続けていくのって
チャレンジャー。
「24」みたいに同情を引くためだけに出てきました、みたいな
使い方には騙されませんけど。
posted by mipa at 12:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外TVドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月03日

事件はリアルタイムで起こっている

今年もやって来ました「24」。
第三シーズンはそれまでの話の展開に辟易していて
初めと中間と終わり、という見方で終えましたが
今シーズンは話も一新、ご贔屓様が出演することもあり
ちゃんと見ようかな、と(笑)
しかも支部長のエリン・ドリスコルってばドラマ「ニキータ」で
情報分析のマデリーンを演じていた人♪

しかしジャック・バウアー、相変わらず
ジャック・バウアーしてます。
キャラの役割配置も変わらないなあ。。。
posted by mipa at 20:31| Comment(2) | TrackBack(0) | 海外TVドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月21日

Carter est Amoureux

カーター先生はこのシリーズで卒業ということで
ラス前の「ぷぁり」ロケーションはノア・ワイリーのリクエスト
だったのでしょうか?

グリーン先生のラストはやりたかったこと全部
(ハワイでサーフィンとかパラグライダーとか
ケガして出演がコケそうなこと色々)をやらせてもらって
終わったということでしたので。

そんなことはともかく
朝日にシルエットになっているエッフェル塔を筆頭に
街角のカフェテラスや
アパルトマンの階段の手すりや扉まで
いちいちロケーションの美しかったこと。
posted by mipa at 23:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 海外TVドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月12日

Only connect

先週はうっかり前半を見忘れたER(爆)
レイ・リオッタに浮かれた後はテンションが下がっているようで。。。

で、今夜は忘れたときの用心に録画も準備。
スタンバイの音で始まるのに気が付く始末(^^ゞ

見ていたら画面にE・M・フォースター「ハワーズ・エンド」
とハードカバー本が映って
この小説が今時何故?と(笑)
それでタイトルを改めて見たら「心を通わせる方法」
英語のタイトルがOnly connect
にゃるほど猫

小説の最初に何とかに捧ぐ、とか書いてある部分があるでしょ。
「ハワーズ・エンド」ではその部分にこの文句が書いてあるのよ。


脚本家の山田太一さんの書棚で
フォースターの小説を見つけたことがあったので
今回のERの脚本を書いたのは
少なくとも若い人ではない、と推理してみる(笑)


気になって調べてみた。
クレジットされていた名前は
Yahlin Chang
1994年にイェール大を卒業となっていたので
まだ若い?(爆)

ニューズウィークマガジンのアート&エンタテイメント部門に記事を書いても
いる模様です。

「ハワーズ・エンド」は出版されてちょうど百年だった。
百年かあ。。。
人間の中身はあんまし変わってない。

posted by mipa at 23:30| Comment(2) | TrackBack(0) | 海外TVドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月09日

3度見

ER「末路」の録画を
ストーリーで、原語で、吹き替えで、と立て続けに見てしまいました。
ハンディカメラの揺れる映像でちょっと酔いそうになりながら。。。

一人の患者が出ずっぱりでロケもある贅沢な回に
レイ・リオッタがスペシャル・ゲスト出演、ありがとーです。
根っからの極悪人というより強度のアルコール依存症患者でした。

ユアン・マクレガーがゲスト出演していたときにも思ったが
ラスト、処置室で死体になるという滅多にお目にかかれない図には
ついお疲れ様でした、と。

ER史上屈指のエピソードの一つに見えるのはファンの贔屓目かしらん。
でも、色んな患者が次から次へ、よりは
ずっとインパクトがある。

子供への悔いでボロボロになっている役だったけど、
お父さんを演じるリオッタ、やっぱ好きだわ。
posted by mipa at 22:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外TVドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月08日

訳あっておあずけ

レイ・リオッタがゲスト出演しているERの「末路」を
放送のリアルタイムで見てしまうと睡眠がメチャクチャになる
のは必須と思ったので
同じ時間に放映している村上龍の番組「カンブリア宮殿」を
見ながらその場を凌いでいました。
ERとバッティングしてなかったら
この番組も面白いのにな。

そのCM中にERをちょっと覗いてみたが
レイ・リオッタはほとんど出ずっぱりのようでした。
最後の方には「同じ患者に45分もかかりきりなんて
記録だぜ」みたいなセリフもあったし。。。。

つまんで見ただけでも何だか凄いことになっているようでした。
心して録画を見ないと。。。
posted by mipa at 23:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 海外TVドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月02日

予告から

「腹部痛が倒れた」
ER]T「末路」の予告開始からレイ・リオッタが全開でした。

しかも、吹き替えがこれまた大好きな磯部勉さんという
黄金コンビ。

しかし鼻にチューブが入っているという姿は
そこまで演るかー、という感じで
少々辛いものがあり。。。
家族もいない、治る見込みもない、だから放っておいてくれという
役どころ。

悪役なイメージがあってのキャスティングがズバリはまった
のでしょうね。
でも「いい人」も演じているのになあ。。。もうやだ〜(悲しい顔)
posted by mipa at 06:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外TVドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月27日

今からドキドキ

次のERの放送の予告には
リオッタ出演の回が、と思うだけで
ドキドキ(笑)

日本語タイトルは「末路」になるのね。

リオッタってば極悪人の壮絶な最後、とか演じるのだろうか
それとも。。。

TV雑誌であらすじを見た。
殺人罪での服役歴があり、末期の肝硬変で回復の見込みのない
今はホームレス。
。。。やっぱり。。。もうやだ〜(悲しい顔)
posted by mipa at 20:48| Comment(2) | TrackBack(0) | 海外TVドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月23日

CSI漬け

地上波の月木でCSI:マイアミを放送中な上に
衛星でNYは始まるわ、更に本家ラスベガスの第5シーズンで
ほとんど毎日何かのCSI(笑)

分家の二つが毎回複数の事件を抱えるのに対して
本家では一件の事件をじっくり解決していくので
やはり深みがあります。
分家の主任は爆弾処理班出身や、海兵隊出身で
完全懲悪の為に証拠を固める傾向にありますが
(豊富なデータベースにだいたい入っているし)
主任が本来科学者なベガスは
科学捜査な視点でのアプローチが事件解決の鍵となり
CSIはコレでなくちゃ、と感じさせてくれます。
posted by mipa at 07:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外TVドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月03日

いよいよ

始まりましたERXIシーズン。
6回目のエピソードTime of Deathにはレイ・リオッタがゲスト出演をし
シリーズ中の最高視聴率を叩き出し
2005年9月にエミー賞をもらったのです。
楽しみー。

出来たらそれまでにHD付きレコーダーを買っておきたい
野望。。。

一年後の地上波放送までに、というのもあり(爆)
posted by mipa at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外TVドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月27日

冬の無料放送 by Wowow

今回のにはCSI:マイアミ2があったので
とりあえずチェック。
しかも何とNYと合同捜査に!
前にやった無料放送ではラスベガスとマイアミの合同捜査も見たような(笑)

ともかく、NYの主演はゲイリー・シニーズだと知った時から
見てみたかったのでラッキー♪

いやー、ロゴ入りのジャンパーから皮ジャンに白衣と
衣装をとっかえひっかえで
ゲイリー・シニーズのプロモーションを見ているようでした(笑)
posted by mipa at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外TVドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月22日

伝説の時空へ

今回放送されたスター・トレックDS9は宇宙大戦争時代の
エンタープライズとのコラボレーション物語でした

エンタープライズ側は当時の映像を使っているので
若きカーク船長やミスター・スポック、
ドクター・マッコイにチェコフ、通信担当の彼女は
名前なんだっけ(爆)にお目にかかれて
楽しいの何のわーい(嬉しい顔)

この間亡くなった機関長のスコットさんとか
ミスター・カトーは残念ながら出ていなかったけどねえ。

TV放映中のクリンゴンが人間と同じ顔してたことは記憶にない。
当時としてはミスター・スポックに耳を付けるのがせいぜいだった
んでしょうね。

しかし昔のエンタープライズ時代の映像を見ての第一声が
「色が付いてる」だった。
宇宙大戦争の放送を見ていた時代の
我が家にあったのは白黒TVでしたからねー(爆)
posted by mipa at 15:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外TVドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。